猫にキャットタワーは必要?キャットタワーの選び方とおすすめ商品を紹介

猫と一緒に生活をするのであれば、是非用意してもらいたいアイテムの一つにキャットタワーがあります。

ただ、キャットタワーには色々な種類がありますので、どんなものを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、キャットタワーが猫にとってどうして必要なのかという理由と、キャットタワーのタイプ別のメリットとデメリットを紹介しますので、是非参考にしてみてください。

猫には何故キャットタワーが必要なの?

猫にとって何故キャットタワーが必要なのか、その理由を3つ紹介します。

猫は上下運動が大好き

猫は広い場所を走り回るよりも、高さのあるところを上下に動く運動を好みます。

元々猫は、自ら積極的に運動を行う動物ではないのですが、毎日室内でのんびりと過ごしていては、運動不足になってしまいます。

そこで、キャットタワーのような高さのあるものを用意して、運動をするような気分にしてあげることが大切です。

猫は高いところが好き

猫は獲物を狙う時、高いところに潜んで周囲を観察する習性を持っています。また、外敵から攻撃されにくいように、高い場所を好んで休む性質も持ち合わせています。

室内で暮らしている猫には外敵はいませんし、狩りをする必要もありませんが、本能としてその習性が残っていますので、自然と高い場所を好むことが多いです。

猫には一人で落ち着ける場所が必要

猫は独立心の強い動物です。飼い主さんの側で過ごすことも勿論好きですが、自分だけで過ごす時間も同じように大切にしています。

そのため、人の手が届かない自分だけのスペースを用意してあげると大変喜びますし、1日のうちの数時間は、自分だけの場所でゆっくりと過ごさせてあげるのがおすすめです。

キャットタワー2種類を比較

キャットタワーは大きく分けて、据え置きタイプと突っ張りタイプの2種類があります。

それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

据え置きタイプのキャットタワー

好きな場所に設置でき、簡単に移動をすることのできるキャットタワーです。高さやステップの数、デザインなども豊富にあります。

メリット

・サイズが豊富で好みによって選ぶことができる
・簡単に移動できるので掃除がしやすい
・サイズによってはリーズナブルな価格で購入できる
・大型猫でも安心な重量タイプのものがある

デメリット

・猫の体重次第では安定性に不安を感じる
・高さがない分、横幅があるものが多い

据え置きタイプはどんな方におすすめ?

据え置きタイプのキャットタワーは、好きな場所におくだけですので、簡単に設置したい方におすすめです。

また、天井に傷を付けてしまう恐れもありますので、賃貸住宅などの場合には据え置きタイプのキャットタワーの方がいいかもしれません。

大型猫を飼育している場合でも、重量感のある据え置きタイプの方が安心です。

据え置きタイプでおすすめのキャットタワー

・キャットツリー GRANDE

少し大きめの据え置きタイプキャットタワーです。ステップの高さが少し低めの設定となっていますので、子猫やシニア猫でも楽に上ることができます。

お部屋の雰囲気に合わせてカラーが4色から選べます。

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B074WMW227/

突っ張りタイプのキャットタワー

床から天井までを突っ張るタイプの棒にて固定するキャットタワーです。かなり高い位置にもステップがありますので、高い場所が大好きな猫は喜んで行き来を繰り返します。

メリット

・天井までの高さを有効活用できる
・比較的省スペースのデザインが多い
・床と天井でしっかりと固定するので安定性がある

デメリット

・一度設置すると簡単に移動はできない
・物によっては釘やピンなどを使用する場合がある
・天井の形状次第では設置が不可能な場合がある

突っ張りタイプはどんな方におすすめ?

高さを重視してキャットタワーを選ぶ場合には、天井までを使える突っ張りタイプがおすすめです。

また、突っ張りタイプはその構造上省スペースであることが多いので、コンパクトなタイプのキャットタワーを探している場合にも突っ張りタイプの方が条件に合う可能性が高いです。

突っ張りタイプでおすすめのキャットタワー

・タンスのゲン キャットタワー

ハンモックや猫ベッドが付いている、突っ張りタイプのキャットタワーです。

全面に麻縄が巻いてあるので、好きなところで爪とぎをすることができ、子猫やシニア猫が上りやすいように階段も付いています。

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B01MDRLGQO/

キャットタワーを購入する時の注意点

実際にキャットタワーを購入する時に、注意して欲しいポイントを紹介します。

棚板の素材をチェック

キャットタワーには棚板がいくつか付いていますが、これが全て生地で覆われているかは必ず確認する必要があります。

猫はキャットタワーにジャンプをして飛び乗ったり、棚板から棚板に飛び移ったりもします。その時に棚板が生地に覆われていない板状のものですと、滑って落下してしまう恐れが出てきます。

最近は室内のインテリアにマッチするようにデザイン性を重視し、棚板が板状のキャットタワーも販売されています。

キャットタワーはあくまでも猫のためのものであり、インテリアではありません。デザイン性よりも安全性や猫にとっての利便性を重視して選ぶようにしましょう。

棚板やステップの角をチェック

キャットタワーの棚板やステップなど全ての部分において、角が丸く加工してあるのもがおすすめです。

普段は機敏な動きをする猫であっても、勢いあまって棚板にぶつかってしまったり、足を滑らせてしまったりすることもあるかもしれません。

そんな時に少しでもダメージを和らげるためにも、角は直角のままではなく丸く加工されているものがおすすめとなります。

猫の年齢を考慮する

キャットタワーは、猫の年齢を考慮する必要もあります。

子猫の場合

子猫は好奇心が旺盛ですから、本来であればまだ上らないような高さでも、遊びに夢中になるとドンドン上っていってしまうことがあります。

上手に降りてくることができればいいのですが、あまり高い場所から誤って落下でもしてしまうと、着地が上手にできずに思わぬ怪我をしてしまうかもしれません。

1m程度の高さの場所からでも、問題なくジャンプをして降りられるようになるまでは、それ以上の高さがあるキャットタワーは設置しないようにしましょう。

シニア猫の場合

猫も年を重ねてシニア猫になると、今までは軽々とジャンプをして飛び乗っていた場所にも、思うように行かれなくなってきます。

それでも高い場所に上りたい欲求は簡単になくなりませんので、無理に上ろうとして足をくじいたりしないように、階段付きのキャットタワーがおすすめです。

設置場所の寸法を測っておく

キャットタワーを購入する前には、設置しようと思っている場所の寸法を必ず測っておくようにしましょう。

ペットショップなどで気に入って購入したものを実際に設置してみたら、想像よりも大きかったということはよくあります。

もちろんその逆パターンもあり、もう少し猫がゆったり遊べるものが良かったと感じることもあります。

また、突っ張りタイプを選ぶ場合には、天井までの高さだけでなく、天井の材質や取り付けの際には釘などは必要がないのかなどを確認しておくようにしましょう。

まとめ

猫にはどうしてキャットタワーが必要なのかを紹介すると同時に、キャットタワーのタイプ別に、メリットとデメリットを紹介してきました。

キャットタワーは、デザインや棚板の数の違いなど、様々な種類があります。購入をする時には、猫の体の大きさや体重、年齢などを考慮しながら、猫が喜びそうなものを選んであげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です